カレスキー クラリーズ GSM 2019

GRN
3,080円(本体2,800円、税280円)
定価:3,850円(本体3,500円、税350円)

Kalleske Clarry's GSM

南オーストラリア/ バロッサヴァレー
グルナッシュ43%、シラーズ42%、マタロ(ムールヴェードル)15%
スクリューキャップ

プラム、バラのような華やかさ、キャンディ、スパイス、
そしてブラックベリーの魅惑的な特徴があらわれた香り。

ミディアムボディで味わいのしっかりとしたワイン。
熟したなめらかな味わいの中にジューシーなベリーのニュアンス。
力強い果実味にしなやかなタンニンとミネラルのニュアンスがあり、
骨格のある複雑な味わいに仕上がっています。

今が飲み頃の親しみやすい、果実味豊かで華やかなワインである。

【Kalleske】
カレスキー家は、サウス・オーストラリア州のバロッサ・ヴァレー、
グリーノックの村で、1853年から160年以上、6代に渡りブドウ栽培を続けてきました。

7代目当主にあたるトロイ・カレスキーは、アデレード大学のワイン醸造学科在籍時に、
既に奨学生として幅広い現場経験を積んでいました。
⼤学を卒業後、様々なワイナリーで修⾏し、
カリフォルニアのケンダル・ジャクソンで醸造家としてヴィンテージにも参加。
2002年に兄弟のトニー・カレスキーとカレスキー・ワイナリーを設⽴し、
カレスキー・ブランドのワインをリリースしました。

120エーカーの⾃社畑はトロイ&トニーの⽗ジョンと⺟ロレーヌと兄弟のキムによって管理されており、
シラーズ、グルナッシュ、カベルネ・ソーヴィニョン、マタロ、
プティ・シラー、プティ・ヴェルドー、テンプラニーリョ、ジンファンデル、
セミヨン、シュナン・ブラン、ヴィオニエなどが栽培されています。
ブドウ樹の樹齢は平均約50年。最も古いもので樹齢143年の古木が今でも存在しています。

畑、ワイナリー共にオーガニック、ビオディナミの認証を取得し持続可能な農法を実践しています。
完全オーガニック認証のカレスキーの畑から、ブドウが持つポテンシャルを伸ばすため、
なるべく手をかけない伝統的な醸造方法で、パワフルでありながらも、
のびやかな後味を持つ個性豊かなワインが造られています。

カレスキー・ワインはリリース以降、その豊かな個性と品質の⾼さから数々の賞賛を受けています。
ワイン・アドヴォゲイト誌にてロバート・パーカーは
『ヨハン・ゲオーグシラーズ』に対して97-100ポイントという高得点をつけ、
伝説的なワインになる可能性を持っていると評価しました。
また、オーストラリアの著名なワイン評論家ジェームズ・ハリデーも
97ポイントという高得点を同ワインにつけています。

トロイ・カレスキー自身も、バロッサ・ヴァレーの生産者団体である
バロンズ・オブ・バロッサから「最優秀醸造家」として表彰されており、
またトロイの父でもあるジョン・カレスキーも同団体により
2015年に「最優秀ヴィニュロン」として表彰されています。