▼ 商品検索

▼ 会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ カテゴリー
GRNのワイン
特価ワイン&B品ワイン(ラベル不良など)
セット物
バックヴィンテージ
スポットワイン
カリフォルニア(メンドシーノ)
カリフォルニア(ナパ)
カリフォルニア(ソノマ・カーネロス)
オレゴン・ワシントン
チリ
ニュージーランド
冷凍
フォアグラ
冷蔵
キャビア
常温
トリュフ加工品
冷凍
ヴォライユ(鶏・鴨・鶉・ホロホロ鳥など)
冷蔵
鶏・鴨・鶉・鳩・カエル・仔牛・黒豚・仔羊
冷蔵
マスの卵・カラスミ・アンチョビ生ハム・サラミ
冷凍
オマール・ラングスティーヌ
常温
魚介のリエット・エスカルゴ
冷凍
野菜・キノコ・エスカルゴ
冷蔵
AOPクルミ・ドライきのこ
常温
豆類・ヴェルジュ・シュークルート・クスクス・パスタ
常温
オイル類(オリーブオイル他)
常温
オリーブ・ビネガー・マスタード・塩・砂糖
冷蔵
旬の食材
常温
仏 ティエルスラン スパイス
常温
仏 DGF 製菓用材料 チョコレート
常温
DGF製菓機材
冷凍
フルーツ シロップ漬け・キリクリームチーズアイス
常温
フルーツ シロップ漬け・セミドライフルーツ
冷蔵
仏 DGF小麦粉
冷蔵
キリ クリームチーズ・伊 マスカルポーネ
常温
アランミリア・ジャム・ティーピッグス紅茶
常温
サンミッシェル(ビスケット)・トーレス(ポテチ)
ワインセラー
ワインオープナー・ソムリエナイフ
他ワイングッズ
ワインラッピング・手提げ袋・ボトルバックなど
ショッピングカートを見る
▼ ショップ紹介

レアワインハウス店長
井手 恵理子
皆様のお問い合わせには、心をこめて対応させていただきたいと思っております。 どうぞ宜しくお願いいたします。
▼ フリーページ
▼ 冷凍 スーラール社 ヴァンデ産 バルバリー種 カネット(仔鴨)丸  モツなし 約1,5Kg
スーラール社 バンデ産 カネット・バルバリー・モツ無し 
(鴨肉・冷凍・雌 1羽 約1.5K) 

バルバリー種 
南アメリカの野生種が起源の種。
フランスで好んで使われるこの品種は、鴨の中でも最も大型であり、 比較的強いので飼育しやすく、生産性が高いのが特徴です。
肉付きの良い脂肪分が少ない品種です。

Canard カナール(雄)…12週齢 / Canette カネット(雌)…10週齢

スーラール社
鴨の生産地として世界的に最も有名な、フランス西部大西洋岸・ヴァンデ地方の中心にスーラール社はあります。
1930年代に創業し、現在では鴨に関してはフランスにおいてトップメーカーのひとつ。モットーである“品質重視”の精神は、
孵化場からカットした鴨の包装に至るまで、生産過程のあらゆる段階で生かされています。
また、売上の60%は輸出によるもので、海外でも彼らの商品は高い評価を受けています。

【 鴨鍋! 】

 とにかく、温まります。
 食べた後、一晩中体がポカポカするので、ビックリすると思います。

 詳しく書いたので、長くて、難しそうですが、やってみると意外に簡単です。

 料理にこった方は、このスープをベースにポトフに仕上げると真面目な街場のビストロの味になります。

 このスープは一見、脂が多そうに見えますが、豚や牛と違って鴨の脂は重くありません。

 (肉は豚や牛より重いですが。)  僕らがたっぷり食べても胃もたれしなかったし、逆流性食道炎に困る事もありませんでした。

★冷凍 スーラール社 ヴァンデ産 バルバリー種 カネット(仔鴨)丸  モツなし 約1,5Kg

※ムネ 400g モモ 560g 位取れます。
  これ 1羽で3〜4人分と行った感じですね。


『 冷凍鴨 丸の調理方法 』

【 解凍の仕方 】

※最大のポイントは解凍方法です。
 肉全てに共通する事ですが、溶けた時に出る肉汁(ジュー=ドリップ)は旨みです。

 ドリップが出ないように解凍するには、

A,食べる前日に冷蔵庫に入れて解凍します。
 (大体一晩(8時間位)入れておけば良い感じで解凍されてます)

B,氷水に真空パックの袋ごとつけます。
 時間は冷蔵庫解凍の半分以下で解凍されます。

※冷蔵庫で解凍してて、『 今一つ、溶けてないな 』という時は、その時点で
 氷水に漬けます。

注意:電子レンジを使ったり、強引に解凍するとドリップが出て美味しくなくなります。
   常温放置も同じくドリップがたくさん出ます。
   流水解凍も余程の冷たい水でない限り、ドリップが出ます。

★急いで解凍する方法
 電子レンジで半解凍して氷水に漬けます。

※4つにさばいて、イマイチ解凍不十分と思った時は、ムネ肉とモモ肉はジプロックに入れて
 氷水につけて、解凍します。

【 丸のさばき方 】

1,背中を下にして、まな板に置いて、胸の中心部を首の方から足の方に骨に沿って切れ目を入れます。
 (ペティナイフが使い易いです)

2,骨に沿って、身をはがしていきます。背中の皮までなるべくたくさんの身と皮を取りましょう。

3,右ムネと左ムネが取れたら、出刃包丁に持ち替えて、手羽先と手羽元を外します。

4,ムネ肉だけの整形して、ササミをそっと外します。
 ササミはスジがあるので、鶏のササミの要領でスジを取り外します。

※ムネ肉は、この時点で冷蔵庫に入れます。

5,左右のもも肉を両手で持って、広げながら押して関節を外します。

6,モモ肉の継ぎ目から、包丁を入れてモモ肉を外します。
 関節から2つに切っておくと、あとで食べやすいですが、大きいまま調理してもOKです。
 (食べる人数によります)

※モモ肉はこの時点で冷蔵庫に入れます。

7,身と皮は、こさぐようにしてでも良いので、なるべくたくさん外しておきます。

【 スープの取り方 】

1,大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸かします。

※出来れば、丸の骨ごとスポッと入るくらい
 (井手家では、ストウブの27cmオーバルですが、丁度ピッタリです)

2,お湯が沸騰したら、シンクに鍋をおいて、骨ごとチャポンと入れます。

  ※鍋に丸ごと入らない場合は、あらかじめ、骨を割って小さくしておいてください。

3,菜箸かしゃもじ、スパテラなどで、骨を押して軽くつぶします。

4,流水でアクを洗い流して丸ごと鍋に戻します。

5,たっぷりの水をはって、強火にかけて沸騰したら弱火にして蓋をします。

※冷蔵庫のあまり野菜、お好みで乾燥ハーブ(ローリエ)など入れて煮込みます。
野菜は50分以上、香草は20分以上煮ると苦味や変な臭いが出てきます。20分だけ煮てとり出します。
野菜はタコ糸で縛り、香草はティーパック袋に入れると取り出しやすくて便利です。

※出し昆布を20cm位、水洗いして入れます。
だし昆布も入れっぱなしだと苦味が出ます。鍋の場合、上品に仕上げるときは一煮立ち、おでんベースのスープでも30分以内に取り出します。
※この時点で鴨のモモ肉を入れます。
 (表面のブツブツが気になる人は、フライパンで焼くかバーナーで炙ればなくなります)

※更に、骨をさばくときに、スプーンなどでこすって取った、身や皮を入れます。

6,煮込んでるうちに浮いてくるアクは旨みなので、取りません。
 脂も鴨の脂なんで取りません。

7,2時間半〜3時間煮込むと十分です。
 それ以上、煮込んでも味は出ません。

8,骨を取り除きます。(網で濾すとキレイに仕上がります)

※くず肉や皮も美味しく食べれます。
 好き嫌いがありますが、ポンジリ(お尻の先っぽ)は絶品です。

※この状態でスープのベースは完成です。

※味付けは、塩、のみで十分ですが、お好みで薄味のおでん風、醤油、みりんを
 入れても美味しく召し上がれます。

※鴨なべの際は、ここに春菊や長ネギなどの野菜を入れると美味しいです。

※薬味にキムチの素を使うと、甘みのあるワインにも良く合いますし、もう一つ温まります。

【 鴨ムネ肉 下ごしらえ 】

1、マリネ

 1,鴨重量(パックに書いてある)の砂糖0,5%で揉み込む
  (出来れば林原トレハロース1%で揉む、トレハロースの方が最終的にふっくらと仕上がる)
  中から水分が出てきて、音がするまで揉む(フィレ1枚で3〜5分) 
 2,塩(精製塩の方が臭みが抜けやすい)1%(薄味が好みの方は0.7%)で揉む
 3,黒胡椒あらびき 0,1%で揉む
 4,赤ワインを全体に染みる位(200gに30cc位)
 (真空調理の時はアルコールを煮とばし3分の1に詰めたもの200gに10cc)
 5,ラップで巻いて、冷蔵庫で寝かせる(1時間〜1晩)

2、脂落とし(ハムを除き全てここまでは共通です)

 1,油はひかずに弱火〜中火のテフロン・フライパンで皮目を軽く焼き目が付くまで焼きます。
  スプーンや指で身を抑えながら平たく均一に焼きます。

    (途中、驚く程の油が出ます、少し貯まったらその都度ボウルにいれて熱いうちに
  油こしで漉してガラス瓶にいれてとっておく。冷蔵保存で相当持ちます)

  油が殆どない状態でひっくり返したら、表面の色が変わる程度(焦げ目は付けない)
  であげます。
 2,バットに氷水を入れ、上に同じサイズのバットを置き(氷水バット)皮目から冷やします。
  冷えて脂が固まったら返してひやします。

※ここまでをスタンバイとします。
 この状態でフィレ肉を3つか4つにカットしてラップでピチピチに巻いて前日スタンバイとして
 冷蔵庫に保存可能
 冷凍する場合は、真空包装しないとすぐに白くなってしまうので冷蔵保存までです。

 まれに、羽根の後があります。毛抜きで簡単に取れます。

3、,冷蔵庫に入れておきます。

4、食べる直前に冷蔵庫から出して5ミリ位の薄切りにします。

5、,いわゆるシャブシャブの要領で食べます。

※塩、コショウはお好みですが、シャブシャブ終わった後にかけます。



・ 型番
AF-3352003
・ 定価
2,862円(本体2,650円、税212円)
・ 販売価格

2,160円(本体2,000円、税160円)

・ 購入数